スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖の青春(大崎善生)

小説の紹介。ここ1ヶ月は読書に没頭中。


大崎善生の『聖の青春』

聖の青春

幼いころに腎臓の病気を患い、命がけで将棋を指し、名人位を目指しA級に在籍したまま亡くなった棋士、村山聖のノンフィクション。

生きること、努力することなど様々なことを考えさせられる一冊。


もともと私も将棋は挨拶程度にはやるし、小学生のときは学校の中でもまずまず強かったのです。新聞の真ん中ぐらいにある将棋の欄は小さいときはいつも読んでたし、実家の本棚にはあからさまなタイトルの「将棋に強くなる本」なんてのもある。日曜午前中のテレビもたまに見る(笑)。この本の主人公の村山や羽生なり谷川、佐藤康とかはもちろん知ってた。ただこの村山聖という棋士がこのような病気を抱えそのときを必死に生きていたことは知らなかった。

想像できない世界だけど今なお棋士を目指して毎日必死に戦っている人がいるということですな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Flashカレンダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
月別アーカイブ
気軽にご連絡を!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
48441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13935位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。